マクロ撮影に再挑戦

先日の記事でアップしたマクロ撮影が面白かったので、さらに近所の氏神様へお参りをさせていただいた後に、マクロ撮影に再度挑戦してみました。

菜の花

これは何だろう?

桜の花びら
ほとんど散っていたが、一輪だけ残っていたのをクローズアップで狙う。

石段に映えている根性草

境内の手水場


見ているこちらも思わず笑顔になる。

マクロ撮影すると、ピントがあう範囲がすごく狭い。
ピント合わせが難しくなる代わりに、背景がぼけやすくなるので、一眼レフで高価な大口径レンズを使って絞りを開いたときのような幻想的な写真が、手軽にコンパクトカメラやスマホでも実現できてしまうところが面白い。

ちなみに今回使ったカメラはこちら。(実際使ったのは一世代前の本体ブラックの機材だが)
OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED

「顕微鏡モード」を使うとぐぐっとクローズアップできる。
防水機能よりも、クローズアップに適した明るい大口径レンズと顕微鏡モードをお目当てに買う人がいるくらいだ。

(100日ブログの会 第6期 48日目/100)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る