「みんな」でなくてもいい

自転車乗って、門真市文化祭へ。
民謡民舞などを見るとなったら、Eテレ以外でのテレビ放映が少なく、昔ならこうした場や祭り現場などに限られる。
今ならYouTubeで検索かければ、よりどりみどりですけどね。

でも、着物を着てこうした場に行くのが楽しいもの。

で、行ったら「フィナーレで地元民謡の「ひんや節」をみなさんで踊ってくださいね」というアナウンスが。

まるで、年末の第九コンサートに行ったら突然「第4楽章に入ったら、みなさんも客席で歌ってくださいね」と言われるようなもの。第九合唱の経験者か、声楽に心得のある人以外にとって、あれを初見で歌えと言われるのは実際、かなりキツいはず。
それと同様だと思う。

これでは、他の舞台が頭に入ってこない。
こんなもの、初見で踊れというのは無理があると思いきや、幕間の練習動画を見て、客席で踊ってる人、多い多い。ひょっとしてカドマンヌの方は、小学校時代の運動会か何かで練習するのかな?

仕方ないので、客席で手拍子を打つことでごまかすことにしました。

「みんなで一緒」でなくてもよく、「踊りたい人、どなたでもどうぞ」で個人的にはいいとは思うのだが、それだと恥ずかしい、みんなと一緒でないと踊りたい人でも踊れないのかなと。

帰宅後、Facebookイベントにたっていた、東京の民謡団体「鳳蝶会」の10周年発表会をネットライブで見る。

中央官庁や大手企業などに振り付けを提供したり、祝辞ビデオメッセージにショコタンやDJ KOO が登場するくらいだから、相当実力がある団体なのだろう。
プロチームかと錯覚するくらいです。

全国の民謡民舞を見ていたら、瞬時にあちこちのお祭りを旅している気分になれるのがうれしいところです。

(100日ブログの会 34日目)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る