夜に神社へ行ってはいけない本当の理由とは?

「夜に神社へ行っては行けない」

ってよく言われますよね。
おおむね、16時か17時以降に神社へ行ってはダメだと。
ただ、これには例外がありまして、

 初詣と祭りはのぞく

あと、祭りの寄り合いとか踊りの練習などで、神社境内の社務所や集会所を使うことも多いかと思いますが、これも例外のうちに入るでしょう。

夜に神社へ行っては行けない理由って、よく言われるのが、夜の神社には悪霊が潜んでいて「もらってくる」ことがあるから、と言われてます。

霊というのがいるかどうかは現時点では証明されていないですが、現実問題として夜の神社を避けるべき3つの理由があると思っています。

1.自然環境が怖い

神社って山の中、森の中にあることが多いですね。
夜、暗闇の中で神社へ行き来するとき、道で転んで怪我しやすい、最悪の場合は崖から落ちて・・・ということがありえます。

2.動物が怖い

神社は森の中に多いと言われますが、都会の神社でも境内は比較的木々が生い茂っているなど、自然が豊かなことがあります。夜になると蚊や虫などが昼間に比べて多数出ること、田舎の神社だと、それこそ熊やイノシシや猿といった野生動物が襲ってくることも。

3.人間が怖い

夜の神社は心霊スポットだと言われます。霊がいるかどうかは分かりませんが、夜の人気(ひとけ)がいない場所は、不良のたまり場になったり、ホームレスが寝ていることがあります。

冒頭に「初詣と祭り(とその寄り合い等の用事)はのぞく」とあるのは、こういった時の神社はたいてい、多数の人が集まっていたり、普段の夜にはいない神職や氏子たちがいたり、社務所がこうこうと明かりがついていたりして、これら1.から3.までの要素が激減しているはずなので、例外となるわけです。

どうしても会社帰りなどで夜の神社へ行く必要があるとしても、神職かパトロールか、あるいはよほどの用事がない限り、興味本位で無駄なリスクをとってまで近づかないほうが、運気があがるはずです。

お参りであれば、できれば朝、日の出あとに神社へ行きましょう。

(100日ブログの会 4)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る