専門知識を勉強するときの落とし穴

今まで専門知識の勉強してきたのは、「こんなことも知らないのか」と言われるのを恐れて勉強し続けた面がある。
※参考記事:専門家にマウントをとる人の心理

いわば、マウンティング攻撃に対して「知識の鎧」で固めた状態と言ってもいい。

勉強すること自体はいいことだが、これをやった場合、2つの落とし穴が待っていることがある。

ひとつは、そうした気持ちが「余計にマウンティング攻撃するヤツを引き寄せてしまう」エネルギーをもってしまうこと。

もうひとつは、
「ブログをはじめ発信内容が専門的になりすぎること」。

100日ブログの会でお世話になっている、出野ユキエさんのブログ記事「好きなコトと、ニーズのギャップ」を読んでいて気がついたこと。

知識が深くなればなるほど、世間一般的なニーズと離れていき、ブログなどが「入門書や解説書」ではなくて「専門書」に近い内容になっていく。

そして、マウンティングするヤツもいなくなったが、普通のお客さんも誰もいなくなった。

なんて悲劇はいやですよね。

(100日ブログの会 9日目/100)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る