地方の祭りが衰退した意外な理由とは?

一般的に人手不足が原因だと言われている、地方や村の祭りが衰退した原因。
先日、地元のだんじり祭りに参加させていただいて、意外なところに原因のひとつがあったことに気が付かされました。

だんじりがお囃子を鳴らしながら町を練り歩くとき、会計係は会社・店舗・住宅などを回って「寄付」を募ります。
昔から、祭りに比較的高額な寄付をしてくれるといえば、だいたいは個人経営の酒屋・米屋・居酒屋・寿司屋などと相場が決まっています。

それらが廃業して格安酒販店・スーパー・コンビニ・全国チェーンの居酒屋・回転寿司になると、地場の祭りへの寄付がほとんどもらえなくなるのです。
チェーン店の店長はたいてい本社から雇われた社員か、ヘタをするとアルバイトだったりするので、自分の裁量で祭りに寄付できなくなるわけです。まれに、店長が自腹を切って寄付してくれることはありますが。

また、大きなお屋敷が減って跡地にワンルームマンションがたつと、そこの住民が多額の寄付をしてくれるのぞみは薄くなるでしょう。

こういった個人商店は、寄付をくれる分、我々祭りにかかわる者たちも、何かあったらできるだけ積極的にそういったお店を利用しようとするわけです。お互い、持ちつ持たれつです。

個人商店って意外と大事なんだなと改めて気が付かされました。

写真は、だんじりの難所を通過する場面。
ここは、(やりまわしの難所として知られる岸和田旧市街堺町のS字カーブなどとは違い)ただ通過するだけでもギリギリの幅で、何度もだんじりを押したり引いたり右寄せ左寄せさせながら、ゆっくりと注意深く進めていきます。

p_20161009_091029

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る