数年ぶりに見た、街角を練り歩くチンドン屋さん

数年ぶりに、町を練り歩くちんどん屋さんを、阪急淡路の駅前にある商店街で発見。前回見たのは数年前、確か布施駅北側の商店街で、居酒屋さんの宣伝だったと思う。

私がちんどん屋さんに惹かれるようになったのは、私がお祭りにハマった理由と重なる点が多いことに、最近気がついた。
地車囃子を彷彿とさせる鉦と太鼓のお囃子と、華やかな着物姿が作り出す、賑やかで非日常な世界。

町を練り歩いたあと、近くの銭湯の脱衣場を舞台にパフォーマンスを繰り広げてくださった。なんと無料で!(広告主である、音楽居酒屋さんの提供で)

ステージの前に、普段の営業時間には男湯であっても絶対に撮影が許されない、お風呂場や脱衣場を撮影させてもらう。

ちんどん屋さんを知らない方のために説明すると、お店やさんが新たに開店するとき、商店街や街角などで派手に音楽を打ち鳴らしてあるく宣伝集団。
今回見かけた「ちんどん通信社」さんのものではないが、ちんどん屋さんの分かりやすい説明動画がYouTubeにアップされているので、興味ある方はどうぞ。

最近は商店街自体が少なくなっていて、ちんどん屋さんが活躍できる場所が少なくなっている。
さすがにネット通販を開業するなら、ちんどん屋さんよりもクリック課金広告かアフィリエイトを選ぶでしょうから(笑)。

なので最近のちんどん屋さんは、本来の街角での商店の宣伝ではなく、お正月のホテルで獅子舞の代わりとか、小規模なお祭りでのお囃子とか、ステージイベントとか、会社や団体でのパーティーに呼ばれてパフォーマンスなど、商店の宣伝目的以外での利用が多くなっているらしい。

テレビなどに呼ばれることもよくあるらしく、最近ではNHKの朝ドラ『おちょやん』にも出演されたとか。

今回のちんどん町歩きの様子はFB動画でFacebookやってる人のみの公開としたが、ちんどん通信社さんの活躍は、こうしてYouTubeでも見ることができる。

検索してみると、毎月の登場予定がこうしてブログにも出てるので、チェックしてみるとちんどん屋さんの迎撃も可能である。
3月の予定表

今でも、パチンコ屋さんを中心に宣伝の需要が一定数あることがうかがえる。

(100日ブログの会 28日目/100)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る