市内から一歩も出ない1日

今日はおとなしく、市内から一歩も出ない1日。
といっても高山市や静岡市のような面積の広い市だったらともかく(高山市は1つの市で東京都より広いらしい)、うちの市はそんなに広いわけではない。なのに、京都まで往復した以上にぐったりした1日となった(翌日は実際に、京都まで往復した)。

午前中は地元の地車保存会で、祭りの後かたづけ。

p_20160925_102654

つづいて午後からは先輩に連れられて、近隣の祭りに挨拶回りへ。
とはいっても、私は保存会のなかでは「新人」なので、単なる賑やかし要員だ(笑)。先輩といっしょに頭を下げ、御祝儀の大阪締めをいっしょにすることしかできない。

14642145_1185241401522105_1240431542072901332_n

14718743_1185241431522102_968885942904667879_n

お昼はご町内に戻って「てらまえ」に行き、お腹いっぱいすぎるほどいただく。いつもは学生ですごく待たされる人気のお好み焼きやさんだが、お昼の営業終了ぎりぎりにいったのでスムーズに入れる。
普通はモダン焼きといえば焼きそば麺のところ、「讃岐うどん麺のモダン焼き」などという変わったメニューがある。あと、個人的には「シマチョウ鉄板焼」がすごくうまかった(笑)。

帰宅し、しばし家で休憩後、夜はFacebook友達のいる「箕輪」のだんじりを見に、自転車を30分ほど走らせる。

dsc_7682

ここは東大阪市内なのに、大阪型も岸和田型だんじりも併存している珍しい地区。岸和田型のだんじりを採用してる地区では「やりまわし」も見せる。

14725569_1185479701498275_8446934934597266132_n

王将前でお友達にも会えて、「次は大阪城でのだんじりパレードで会おう」と言って別れる。

結局、市内から一歩も出なかったにもかかわらず、なぜか京都を往復した以上にぐったり疲れた一日に。無意識のうちに地元の地車保存会で気を遣いまくったからなのかもしれない。

のちに、Livedoor Readerに入れて読んでるブログ「Books & Apps 」でも
仕事において「裁量がない」時の精神的負担は、想像するよりも遥かに大きい。
という記事が出ていたのを見て、なるほどそれが理由だったのかと納得。
といっても泉州系の青年団の新入団員とは違い、我々は仕事や用事で休もうと思えば休めるので、彼らよりははるかに精神的負荷はマシではあるが。

翌日、片道2時間ちかくかけて京都を往復したとき、全て自分の気ままに行動できたから、肉体的疲れはともかく、精神的疲れはほぼゼロだった。

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る