地域活性化と祭りに関する3つの誤解

ただのお祭りバカで、お祭りをいろいろ巡っているだけなのに、いつの間にか地域活性化についての講演をいくつかご依頼をうけております。直近では3月6日の横浜南法人会。
過去には、新潟県村上市、長岡市、東京都で1回ずつ講演させていただきました。

なぜこんなに依頼があるのかと思っていたら、ブログにいくつか書かれていたりするのですね。
そこで、地域活性化について書かれた記事について今日、「地域活性化」というブログカテゴリーをつくってまとめてみました。

企業や各種経済団体さんの講演だと相当の講演料をいただく内容のエッセンスを、ブログの過去記事をまとめてご覧いただけるようにしました。もちろん無料でございます。
お時間ある方は、ぜひよかったらこちらからご覧ください。

今日は、「地域活性化と祭りに関する3つの誤解」について改めてまとめてみたいと思います。

1.祭りは、地域活性化のためにあるわけではない
2.祭りで移住者を呼び込むことは(ほぼ)できない
3.地域活性化のヒントは、その地域に住み続けている人は持ち合わせていない

ひとつずつ見ていきます。

1.祭りは、地域活性化のためにあるわけではない

祭りは主に、「祈り」「感謝」「慰霊」のために行われます。

豊作でありますように。
豊作でありがとうございます。
亡くなった人の魂が鎮まりますように。

これが本来の祭りの目的であります。
本来、地域おこしのために行われるものではありません。

豪華な山車が出る祭りが全国各地にありますが、その多くは養蚕や絹織物・海産物など大きな基幹産業があり、豪商がいて、豪商にお金を使わせ弱体化させるために、大名が祭りを行うことを奨励したことが始まりとされています。
つまり、祭りが地域おこしのためにあるのではなく、地域おこしがうまくいった結果が祭りであるともいえます。

2.祭りで移住者を呼び込むことは(ほぼ)できない

過去記事「祭りは地方移住者を増やすのに役立つか?」でも書きましたが、現代人のほとんどは祭り以外にも仕事や学業があり、祭りだけで住む場所を決められない宿命というのがあります。
いくら青森ねぶたが気に入ったからといって、青森移住した人は「ミスターねぶた」に選出された人など、ごく少数派です。

将来「ベーシックインカム」が日本でも導入されて、仕事という条件抜きで住む場所を選べるようになったら、祭りが住む場所の決め手になる日がやってくるかもしれません。そんな時代が来たときのために、祭りの魅力をあたため続けておくことは意義があると思います。

3.地域活性化のヒントは、その地域に住み続けている人は持ち合わせていない

地域活性化のヒントは、地域に住み続けていられてる人がいくら考えても、分からないもの。
むしろ、その地域を離れざるを得なかった人が持っているものです。

地域に高校・大学がない、仕事が無い、地域の閉塞された人間関係がいやだ、などの理由があるはずです。

まずは、その地域を離れようとする人に聞いてみるべきではないかと思います。

だからといって、大学や大企業や工場を誘致しようというのは、今の世の中、魅力ある祭りを作り出す以上に難しいことです。
ではどうするか。

適切なやり方と考え方で祭りを行えば、地域の活性化だけでなく、本業にもプラスとなるはずです。

【以下、コロナウイルスの影響により中止が確定しました】

今回、公益社団法人 横浜南法人会さんのお招きにより、全国300以上の祭り経験から知った、祭りの盛り上げ方と、地域振興に結び付けるヒントなどのお話をさせていただく機会を得ました。

◎こんな方に特におすすめします。

・お祭りの将来が不安な方
・お住まいの地域を盛り上げていきたいと思っている方
・個人商店の経営のアイディアを見つけたい方
・地域活性化に興味がある方
・お祭りがとにかく好きな方
・横浜市内にお住まいの方
・私、山本哲也に会ってみたい方

日時:3月6日(金)16:00~17:30
場所:横浜南法人会研修室
横浜市磯子区中原4-26-20
京浜急行本線杉田駅下車徒歩約2分

なんと、法人会の会員外でも参加費無料
定員は60名 締切は2月10日なので、お早めに。

※無料でも、バックエンド商材はありませんので安心してお申し込みください。

お申し込みは、こちらのパンフレット兼申込用紙(word形式、約1.4MB)にご記入の上、ファックス045-370-8271またはメールで info※※ym-houjinkai.or.jp へ。(※※の部分を半角の@に変えて送ってくださいね。)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る