日本に祭りはいくつあるのか+その根拠は?

はっきりした統計数値はないのですが、日本には年間でおよそ30万もの祭りがあると言われています。

祭りの統計データはありませんが、神社数は文化庁文化部宗務課が統計データを公表してくださっています。>宗教関連統計に関する資料集
これによると、都道府県知事所轄宗教法人数>被包括宗教法人>神道系(つまり神社本庁など総本山的な組織に所属してる神社)が82,949、単立宗教法人たる神社で1,969、合計 84,918 が全国の神社の数に匹敵するとみていいでしょう。

約8万5千社の神社が、平均して年に3回(たとえば元旦・春祭りか夏祭り・秋祭りで3回)執り行うと、それだけで約25万となります。

このほかに、お寺の数が約7万7千社、基礎自治体数は平成の大合併前である2001年で3,447市区町村。

お寺が平均して年に1回(もちろん大規模な寺はもっとやっている)、自治体が市民まつりやイベントの類を1回はやっているとすると、これで年に30万は祭りがあることになります。

もっとも「祭りの定義」をどこまでとるかの問題があり、いわゆるイベント・年中行事的な祭りとなると10万前後という話もありますし、神社で毎月のように行われる神事(月次祭のようなものなど)までを祭りととらえたら、年間60万を超えるかもしれません。

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る