3000円で100万円分節約?高額起業塾は不要か?

先日、高額起業セミナーで逮捕者が出たというニュースが出たようです。

起業セミナー称しマルチ商法勧誘法教える…2億円不正集金か、詐欺容疑で福岡県警捜査(産経ニュース)

福岡県警は、「起業家育成」をうたい、実際は自社の訪問販売員としての勧誘方法を教えていたとして、特定商取引法違反(事実の不告知など)の疑いで、福岡市のセミナー企画会社「primo(プリモ)」の実質的経営者、久保亮倫容疑者(32)=大阪府八尾市青山町=ら5人を逮捕した。

 県警は、同社が大学生を含め、福岡県を中心に全国の約300人と契約し、計約2億1600万円の受講料を不正に集めていたとみている。教えていたのは自社のマルチ商法の勧誘方法で、詐欺容疑も視野に入れて調べる。

そもそも売り物や売り方に裁量権がほとんどない時点でマルチ商法は「起業の醍醐味がない」ため、個人的にはおすすめできないです。起業を成功させる方法を知らないからこういうセミナーに行くのですが、起業を成功させるのに最も必要な「カネ」がなくなる時点で、成功の確率は余計に減るというもの。

私も、今回の話者である吉浜も、昔は「セミナージプシー」と呼ばれる、いろんなセミナーを次々と渡り歩いては成功の秘訣を探し求めていくということをやってきました。今でも、起業を夢見る人のなかには、セミナージプシーになってしまってる人、多いのではないでしょうか。

今回、セミナージプシーしなくても、我々の失敗の経験から、最適な起業の方法をお話しようという機会をつくりました。セミナージプシーをしなくてもいい考え方・方法をお伝えしたいと思います。

他には、

【お話する内容の一例】
・起業のために、高額セミナーは本当に必要か?
・自宅でお金をかけずに起業、は本当にいいのか?
・コストパフォーマンスの高い支出、低い支出とは?
・借金していいとき、悪いときとは?
・起業家と「編集者」との意外な共通点とは?
・起業前に必ず考えておきたい「撤退条件」とは?

などの中から、その時の参加者の顔ぶれやニーズに応じてお話させていただこうと思います。
ふたり揃っての「お茶会」形式でのお話は、今回限定の予定です。レジュメもパワポスライドも何もナシの放談会形式のシークレットお茶会。何が飛び出るか、お楽しみに。

「愚者は経験に学び 賢者は歴史に学ぶ」といいます。

別のひとの失敗経験は、ある意味「歴史に学ぶ」に等しいです。
そんなあなたのご参加をお待ち申し上げております。

申込み・詳細は、こちら。
http://kokucheese.com/event/index/436214/

大阪難波の「英国屋 難波本社3Fパーティールーム」なんばマルイ北側)
「起業お茶会」の名前で個室を予約しております。
こんな会場です。

p_20161113_192321

p_20161113_192038

申込み・詳細は、こちら。
http://kokucheese.com/event/index/436214/

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る