スマートEXはお得か損か?

先日、かさこ塾の再受講にいったら、「スマートEX」ってどう?という質問をいただいた。

 ・東海道山陽新幹線に、年に一回乗るかどうかの頻度
 ・でも予定変更が多く、窓口に行かずスマホでサクっと予約の変更したい
 ・諸事情があってクレジットカードをこれ以上作れない
 ・ショッピングマイルを貯めている

これらに該当するひとでないかぎり、実はスマートEX、万人におすすめできるようなものではないと思う。

分かりやすい例として、西荻窪(東京都区内)~杉本町(大阪市内)を新幹線のぞみに乗ったときの値段をあげてみます。

通常の乗車券+特急券
 14,450円
スマートEXサービス
 15,028円 (388円+新幹線のぞみ14,250円+390円)
EX-IC 予約サービス(EX会員専用)
 14,148円 (388円+新幹線のぞみ13,370円+390円)
通常の乗車券+e特急券(EX会員専用)
 13,570円
【参考】金券ショップの参考相場価格
 13,800円

(2017年10月現在・通常期の価格)
※EX会員=エクスプレスカード会員・J-WESTカード(エクスプレス)会員

在来線が打ち切り計算で別料金になってしまう、ICカード系サービスが軒並み高くなってしまっています。
新幹線の運賃+料金が200円引きだけなので、新幹線前後の在来線には乗らない(すぐ地下鉄や自家用車などに乗る)か、片方だけで200円以内か、定期を持ってるというパターンだけは、かろうじて得するケースがあります。
在来線に両端乗るひとは、確実に損するでしょう。

スマートEXのメリット
・年会費無料
・手持ちのクレジットカードとICカードで登録すればすぐ使える
・窓口で並ばなくてもスマホで指定席の予約や変更ができる

デメリット(普通のきっぷに比べて)
・途中下車前途無効(途中下車すると大幅に損する)
・「東京都区内」「大阪市内」といった在来線は別に料金をとられるので、かえって高くつく場合がある
・学割や障割、往復割引など、運賃のみの割引がきかない

デメリット(年会費のかかるEX会員と比べて)
・EX会員は年会費1080円かかるが、東京~大阪を1往復すれば元がとれる
・普通車指定席をとると、繁忙期は200円高くなる
・グリーンポイントはつかない
・e特急券(特急券だけの割引)が買えない
・その他、EX会員だけが買える割引きっぷがある

結論からいえば、

・1年間に東京~大阪を新幹線で確実に1往復以上するなら、スマートEXではなく、年会費を払ってEX会員になっておいたほうがお得
・年に一度かそれ以下しか東海道新幹線に乗らないなら、窓口で定価を払って買うか、金券ショップで回数券を買っても損はない
・年に一度くらいしか東海道新幹線には乗らないけど、出張など当日予定変更が予想される人には、スマートEXは便利(ただし、お得とは限らない)

参考ページ:
新幹線の裏技(途中下車編)
大阪~京都 大回り乗車片道切符の旅
京都→京都 大回り片道乗車券 途中下車の旅

====================================================================
■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る