「最後の起業塾」、かさこ塾。

かさこ塾大阪2期プレゼン授業の再受講に顔を出す。
2期のプレゼン、パワフルなものばかりでした。

ガンダム大好き主婦さん

伝統芸能の指南人 さすが、いつもお着物。

魔法学校の校長さん パワポを使わずプレゼン。

ルポ漫画家さん セルフマガジンなど、販促に使うとよさそう

奇妙なトラベラー たかぼんさん 「工作員」を募集だとか。わくわく!

あと、プロフィール写真家のかたで、ダメダメな例をこれでもかと挙げてたプレゼンが面白すぎて面白すぎて、写真をとり忘れてしまった! 他の塾生カメラマンとの料金比較表を出したのもウケる。起業初期のころは仕方ないが、価格競争に陥らないよう気を付けて欲しいところ。

それにしても、携帯のカメラだと、プレゼンのように暗いところがあまりうまく写らない。逆光などに効果を発揮するHDRモードにしてもうまく写らないことがある。
かさこさんみたいに、カメラだけのために iPhone にしようかと思う。

そして、プレゼン後の打ち上げは、なんばパークスにある、ラクレットがおいしい店で。

打ち上げの席で、塾の先輩につっこまれた。
「そんなに起業セミナー、受けなくてもいいのに。自信がなかったからじゃないのか」
図星だった。

事業計画書書いてVCから投資を受けるレベルの起業をするなら、大学院のMBAコースか、少なくともアタッカーズビジネススクールあたりにいくべきでしょうけど、自己資金で小さく始める事業、ハンドメイドクリエイター、アーティスト(美術系・音楽系)、イラストレーター、ライター、デザイナー、カメラマン、編集者、セラピスト、占い師、セミナー講師といったマイクロビジネスをたちあげるなら、かさこ塾は最適。
かさこ塾と、必要に応じて専門知識や資格取得に関する講座と、商工会議所や自治体などが主催する起業においての手続き的なものを知るための講座にいけば、起業準備の講座としてはほぼ完璧ではないかと思う。
今になって思えば。

けど、お金がなくなるところまで、起業準備の講座に行きまくってた。

自信がないなら、自信がつくまで起業を見送りサラリーマンとしてしがみつくか、失敗しても立ち直れる程度に副業として小さく始めるか、そのどちらかしかない。
業務知識はしっかり勉強しなければいけないが、起業準備のセミナーに時間とお金をかけすぎても仕方がないのだ。

そんな、ほろにがい飲み会だった。

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る