中止の嵐のなか、どうスイッチングするか

我々の仕事はある意味「究極の平和産業」「不要不急の仕事の代表格」みたいなところがあって、東日本大震災とか、大不景気とか、そして今回のコロナウイルスの影響など非常事態になると、真っ先に仕事がなくなっていく性質をもっています。

特に今回、インプットとして取材すべき祭りは中止になるし、アウトプットとして講演やセミナーやテレビ・ラジオ出演など、軒並み中止や順延などの影響をまともに受けている。
オマツリジャパンさんが、この春にコロナウイルスの影響で中止が確定した祭り・イベントのまとめをしてくださっている。
https://omatsurijapan.com/blog/discontinued-festival/
関東の桜まつりが軒並みアウトになっている。

一番いいのは、祭り以外の分野を極めることかもしれないが、さすがに今から新たに一から経験を積み直すのは得策ではない。

命や仕事にかかわることなので情報を得ることをサボることはできないが、SNSをいくら眺めていても気持ちが暗くなるばかり。さらには、仕事抜きで個人的に楽しみにしていたイベントやセミナーなども中止や順延などになってきている。

基本的にこういうときは、

・まずは休養を取る。ストレスをためることが最も悪い
・SNSの見過ぎに注意。メッセンジャー以外では夜30分程度におさえる
・サイトづくりや電子書籍づくり、勉強や整理整頓など、事務所内でこもっていてもできる仕事を優先的に行う

しかないように思う。
そうこうしているうちに、今後やるべきアイディアが降りてくるかもしれません。

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆
 5.講演・セミナー講師(当面の間オンラインで対応)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る