沖縄の物価は決して安くない

  • 2019-2-23

先日、出張で沖縄行ってきました。
那覇空港出発ロビーの、この雰囲気大好き。もっともジェットスター以外のLCCだとターミナルが違うから、これを見ることはないですが。

主に祭りの下見や予備取材、それに今考えている事業の調査も兼ねています。
いつかは表向きにできるときが来ると思いますので、そのときお知らせします。

沖縄ではゲストハウスに泊まり、パーティー以外では基本、自炊したり外食したりしてきました。

探せば「ソーキそば390円」みたいな、めちゃくちゃ安い外食や弁当がある一方、コメやパンや野菜といった基本的な食料品がけっこう割高だったりします。

沖縄でつくれない食糧はすべて内地から輸送するから、その分運賃が上乗せされます。
米が5キロ2300円~と、内地より500円以上も高い。
大阪のスーパーだと1斤150円前後で売られている「超熟」食パンも、沖縄ではライセンス生産で1斤税別200円。パンを船便で本土から運ぶと輸送中に賞味期限切れになるから、現地の製パン会社によるライセンス生産がなされている。

特に野菜が割高。沖縄でとれる野菜を公設市場や農協直売所みたいなところで買うのはまだマシだが、内地や北海道の野菜をスーパーで買うと恐ろしい値段がする。
魚や肉は比較的マシ。輸送費の問題はあるが、輸入肉の場合は沖縄だけ関税の特例があるらしく、そんなに高価ではない。(那覇でステーキが名物になっているのはそれが理由)

衣類は見なかったが、中古衣料は主にアメリカンテイストや米軍払い下げのようなものが中心で、キングファミリーのような普通の格安中古衣料店がみあたらないので(あったら教えてください)、庶民はその分厳しいでしょう。
ただ、冬でもコートを何枚も重ね着するような必要はないので、相殺でその分助かっているところはあるでしょう。夏のビジネスシーンでスーツではなく「かりゆしウエア」が通用する分、安上がりになるかもしれません。

住宅は特に深刻。
公営住宅や、離島で住むひとがいない空き家は安く借りられる可能性があるものの、一般の賃貸相場は5万円~とけっこうお高い。へたをすると東京や大阪並みだ。
おまけに不動産やさんで借りられる賃貸住宅が非常に少なかったりする。

また、沖縄は強烈な車社会。車を買う費用や維持費がばかにならない。

物価は東京や大阪なみなのに、最低賃金が762円。大阪で936円、東京は985円(2019年2月現在)だから、沖縄の庶民はキツイはず。(かくいう私も庶民だが)

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師(しばらく新規受付休止)
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る