着物、破れる。

整理してるときに、長らく着ていなかった夏着物を発掘。
麻の着物か、うすい木綿か、いずれにしても軽くて薄くて慎重さが要求される。

エマール使ってそっと洗濯して、干していると、お尻が破けていることに気が付く。ガーソ!!

DSCN3223

このまま着ようとすると大恥をかきそうなので(苦笑)、そのままダンシャリとなりそうである。ヤフオクで素材扱いで売れたらいいのだが。

着る機会が人より多いからなのか、単に着方がハードなのか、本当によく着物が破れたり、すり切れたりする。
破損しやすい場所が、お尻、後ろ襟(うなじのあたり)、そして裾。着物の長年の知恵で、そういった箇所には、居敷当てなど補強用の布がかけられていることがある。裾は、普段用に着物を着るなら短めに着付けるべきなのでしょうけど。

====================================================================

お祭り評論家 山本哲也の提供するサービス
 1.お祭り専門メディアの制作・運営
 2.新聞・雑誌などでの企画協力(インタビュー)
 3.テレビ・ラジオの出演
 4.お祭りに関する記事の執筆(しばらく休止)
 5.講演・セミナー講師
 6.その他、日本の祭りに関すること(お気軽にご相談ください)

■ 取材・講演等、お仕事のご依頼・お問い合せはこちら:お問い合せフォーム
お祭り評論家 お仕事依頼

今までのメディア掲載・出演実績はこちら。

■ 来月のお祭り情報はこちらで:
 お祭りメルマガ「わっしょい」(まぐまぐより発行・購読無料)
 メールアドレス:  


■ Facebook ユーザのかたへ。当ブログの更新情報などが受け取れます。
  こちらのアカウントをフォローしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る